Page: 2/13  << >>
塩蔵皮
主に北米産の原皮が塩蔵皮の状態で輸入されています。
塩蔵皮とは塩化ナトリウムで生皮の腐敗を防ぎ
保存や輸送を安全に容易にする為にとられる保蔵処理した原皮のことです。
原皮を見たことのない方にはちょっと生々しいですね。


塩蔵皮
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
水洗い後の原皮
塩蔵皮を水洗いした後の原皮です。
この状態ならまだ見られるでしょうか。
水洗いとは原皮に付着している汚物・塩・皮中の可溶性タンパク質などを
洗浄除去または溶出させ、吸水軟化させて生皮の状態に戻す作業です。
約24時間の間ドラムで水洗いするそうですが 生皮なので腐敗しない様に
注意しなければなりません。


水洗い後の原皮
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
地生
数量は少ないですが国内産の原皮もありました。
国内産の原皮のことを「地生(じなま)」と呼びます。
一般に牛の飼育管理状態が良いので輸入原皮と比べて
銀面の損傷が少なく比較的高く評価されています。
某メーカーさんが松坂牛の革を使用した商品を出していましたが
「ブランド牛の革を使用」と言うのも面白いですね。


地生
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱毛・石灰漬け
水酸化カルシウムを過飽和濃度に調整した石灰溶液に
原皮を浸漬処理する作業です。
この処理によって脱毛を容易にして、不必要な脂肪を分解
不必要なタンパク質を除去すると共にコラーゲン繊維をほぐす効果があり
皮をふくらませ繊維構造がゆるめられてほぐされます。
殆どのタンナーではドラムやパドルで皮をかき混ぜながら
脱毛石灰漬けを行いますが、栃木レザーでは皮を痛めない様に
5つのビット槽を通じて、丹念に脱毛しているそうです。
石灰浴槽を用いるピットライミングは日本では皆無でしょうし
世界中のタンナーの中でも珍しい事だと思います。


脱毛・石灰漬け
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱毛・石灰漬け後の皮
石灰浴槽から脱毛・石灰漬けが終わった皮を取り出すと
この様な状態になっています。
コラーゲン繊維がほぐされ膨らんで厚みがありますね。
銀面を触った感触はゴムのようで、指で軽く押しても指の跡が残る
少し硬めの低反発ウレタン素材といった感じでしょうか。


脱毛・石灰漬け後の皮
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱毛・石灰漬け作業
決して綺麗で楽な仕事ではありませんが良い革をつくろうと
ひた向きに作業に打ち込んでいる姿が素晴らしく素敵な絵です。


脱毛・石灰漬け作業
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
フレッシング
裏打ちとも言いますが、皮の裏側(肉面)の余分な結合組織や脂肪などを
フレッシングマシンにより削り取ってきれいにする作業のことです。
中央から左右両側にらせん状の鋭利な刃をもつローラーを
高速で回転させ、これに皮の肉面をおしつけて削り取ります。
これにより塩化ナトリウムや他の薬剤の浸透が容易になり
これからの作業がしやすくなります。


フレッシング
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
脱灰
脱毛・石灰漬け後のアルカリ性で膨潤した皮を
酸または酸性の塩で中和し、皮に結合・沈着している
カルシウムを可溶化して溶出除去する作業です。
脱灰することで皮の膨潤はなくなり元の状態になります。


脱灰
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
酵解
酵解とは柔軟で伸びがあり銀面が平滑できれいな革にする為に
皮を酵素処理する作業でベーチングともいいます。
石灰漬け脱灰のすんだ皮に酵素剤を作用させて
皮に残存する毛根・タンパク分解物・脂肪などを
さらに分解して除去します。
脱灰と同浴で同時にまたは引き続き行う事が多いです。
昔は鶏糞や犬糞の発酵液に石灰漬け皮をつけて行っていましたが
現在では豚や牛のスイ臓から得られる細菌や糸状菌の産生する
タンパク分解酵素がベーチング剤として市販されているそうです。


酵解
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
植物タンニン溶液準備段階
植物より抽出したタンニンを主成分とする鞣し剤。
通常、ワットル・ケブラチョ・チェスナットなどの植物から抽出した
タンニンの抽出液を濃縮し、エキス状に乾燥したものを植物タンニンエキスといいます。
栃木レザーさんのタンニンは、ブラジル産のミモザという
タンニン樹液が用いられているそうです。


植物タンニン溶液準備段階
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<back next>>

Designer Leathers GO

0002213.jpg 手縫い鞄のオーダーメイド工房 『Designer Leathers GO』の鞄職人GOです。 制作風景や愛猫のことなど日常感じた日々の出来事を記しています。

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link