Entry: main  << >>
アルミ枠溶接・研磨
本体の芯材には、あまり重くならないように
アルミ枠を使用する事にしました。
当初、ロの字型でも大丈夫だろうと考えていたのですが
出来上がってきたものを見ると強度が心配だったので
改めて枠が歪みにくいように補強材をアルゴン溶接しました。
(アルゴン溶接とは溶接金属そのものの成分の溶接棒を用いて
タングステン電極の周りから保護ガス(アルゴンガス)を放出し
大気から溶融金属を遮断して行う溶接方法です。)
その後、溶接で出来た凸部分を研磨し、枠自体の面取りをして
革を痛めないようにヤスリがけをしておきます。


アルミ枠溶接・研磨
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Designer Leathers GO

0002213.jpg 手縫い鞄のオーダーメイド工房 『Designer Leathers GO』の鞄職人GOです。 制作風景や愛猫のことなど日常感じた日々の出来事を記しています。

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link