Page: 1/3   >>
使用皮革

久しぶりに、オーダーいただいたクラッチバッグの製作工程を紹介したいと思います。

表に使用した革はイタリア・ILCEA(イルチア社)の OXANIL(オグザニル)で

裏に使用した革はフランス・Tanneries du Puy(プイ社)のAnilou(アニロー)

のチョコと茶色の2枚を使うという贅沢なオーダーです。

どちらとも透明感のある上品な染色と適度な張りがとても良い雰囲気を持った革です。

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
型入れ

どの場所でどのパーツを取れば、この革とバッグにとってベストなのかを

革と対話しながら何度も型紙を乗せてはどかしを繰り返し決めていきます。

表側に使うパーツだけでこれだけの革を使用し、裏側も同じ量の革を使用します。

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
外ポケット本裁ち

外ポケット部分の製作です。

表側は正確に裁ち細かい漉きを施して、裏側は適当な厚みにベタ漉きしておきます。

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
外ポケット表裏接着

裏地の被せ部分に補強と美しさを出すための芯を貼って表裏貼り合わせます。

その後口元を縫ってコバを磨いておきます。

 

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
外ポケット被せ縫製

被せ部分を手縫いします。

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
外ポケット被せ磨き

手縫いした被せ部分のコバを磨き念を引いて仕上げます。

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
外ポケットひねり金具縫い付け

イタリア製の真鍮磨きのひねりを取り付け縫い止めておきます。

外ポケットは一先ずこれで準備完了、他のパーツの製作に移ります。

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
小銭入れ組み立て

下ごしらえした小銭入れのパーツを張り合わせて、底部分以外を手縫いします。

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
小銭入れ縫い付け

コバを磨いて仕上げた小銭入れを本体に縫い付けます。

 

 

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
胴版表裏接着口元縫製

小銭入れを縫い付けた胴版に裏地を接着し、口元を縫ってコバを仕上げておきます。

 

 

 

 

 

 

| GO | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 next>>

Designer Leathers GO

0002213.jpg 手縫い鞄のオーダーメイド工房 『Designer Leathers GO』の鞄職人GOです。 制作風景や愛猫のことなど日常感じた日々の出来事を記しています。

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link