Page: 1/1   
シザーズケース1
また制作工程を少しお見せできるオーダー品の
シザーズケースを掲載させていただきます。
私の制作手順は大体、ハンドルや根革、ファスナーの引き手など
細かい小さなパーツから手を付けていくのが好きなタイプです。
これはDカンの根革の中に入れる芯を削りだしたところです。


シザーズケース1
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース2
その小さなパーツのDカンの根革部分を仕上げると
こんな感じになります。


シザーズケース2
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース3
大まかなパーツを並べるとこんな感じ。
今回使用する革は、イタリア産ワルピエ社のブッテーロです。
傷の付きやすい革ですが、復元力も強い革ですので
多少の傷は長くお使い頂くうちに馴染んで目立たなくなり
味わい深い表情を楽しんで頂ける透明感ある染料染めの渋革です。


シザーズケース3
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース4
背胴版の口元を縫って仕上げてから
Dカンの根革を縫い付けます。


シザーズケース4
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース5
シザーズポケットの上にダッカール(ピン)用のポケットを縫い付けて
口裏を貼り、口元を縫って仕上げておきます。


シザーズケース5
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース6
仕上げたシザーズポケットを前胴版に貼り
マチを貼って縫い付けます。


シザーズケース6
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シザーズケース7
背胴版を貼り合わせ縫い付けてコバを磨いて仕上げたら完成です。
前のシザーズポケットの中はシザーズホルダーが脱着可能になっており
後ろのポケットはコーム(櫛)用のポケットになります。

先日お客様が受け取りに来てくださり、とても喜んでいただけて
その姿が見られるというのは職人冥利に付きますね。
お使い頂いてる姿を今度写真に撮らせてください!とお願いしたら
照れくさそうに恥ずかしがって断られてしまいました。^^


シザーケース7
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Beautician
以前シザーズケースをつくらせて頂いた美容師さんが
ハサミやコームやダッカールなどを入れて
使用している状態で持って来て見せてくださいました。
道具の一部として活躍している姿はなかなか見られないので
仕事中に付いた傷や汚れも誇らしく嬉しくなりました。
まだまだ綺麗ですが、せっかくなのでコバを磨き直して
軽くメンテナンス。
納品時に照れくさいからと断られた、仕事中使用しているところの
撮影の約束もとれたので、今度撮りに行きたいと思いまぁ〜す。^^


Beautician
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
それから
昨年オーダー頂いたシザーズケースの使用中の姿を
撮影させて頂きました。
やっぱり仕事道具が入っている使用中の姿は良いですねぇ〜。^^
他の美容師さんの着けているベルトに装着するスタイルとは違って
ショルダーバッグのように斜めがけで使っている姿は
可愛らしくてとっても似合っていると思いますよ。
これからもどんどん可愛がってあげてくださいね!
彼女は顔出しNGなのでシザーズケースのみで。(笑)


それから
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Designer Leathers GO

0002213.jpg 手縫い鞄のオーダーメイド工房 『Designer Leathers GO』の鞄職人GOです。 制作風景や愛猫のことなど日常感じた日々の出来事を記しています。

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link