Page: 1/2   >>
糸染め
さて、リクエストの多い麻糸の染め方の手順を紹介しましょうか。
うちでは橋印とRAKUDA印のラミーを使用しています。


糸染め
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
そんなに大量に染めても使いきれないですし
染めやすいように適度な量を綛(かせ)にします。
今回は16/3(鞄用)と20/3(小物用)の2種類の太さの
麻糸を染めていきます。


綛
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
計量
麻糸の重さによって、染料や薬品の量も変わってきますので
2綛分の麻糸の計量をします。
今回は58gです。


計量
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
染料
今回はオレンジ色に染めます。
少し落ち着いた色にしたいので、これまでの経験から
微妙に色目の違うイエロー2色とブラウンの染料を
混ぜて染めようと思います。


染料
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヂャストミン(N)
使用している麻糸は糊が付いていて染まりにくいので
一度糊抜きをしてから染めやすくする為の糊抜き剤です。
0.1グラムまで計れる計量器に薬包紙を載せて
水1リットルに対し3グラムの割合で加えます。


ヂャストミン(N)
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
糊抜き
ヂャストミンを入れて70℃〜80℃に保ったお湯の中に
60分漬け込み糊抜きをします。


糊抜き
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シリアス染料
うちでは麻糸を染めるのに適しているシリアス染料を使用しています。
今回は「イエローG」を糸の重さに対して1.5%
「スプラ イエロー RR」を糸の重さに対して1.5%
「スプラ ブラウン GN 133%」を糸の重さに対して2%で
オレンジ色に染めたいと思います。


シリアス染料
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
無水芒硝(吸収促進剤)
染料の吸収を助ける役割を果たします。
糸の重さに対して20%


無水芒硝(吸収促進剤)
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
レベリングオイル(均染剤)
染めムラ防止や深色増進や浸透剤の役割を果たします。
糸の重さに対して0.3%


レベリングオイル(均染剤)
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
染浴
染浴液量はビーカーで計って糸の重さの40倍にし
温度を40℃〜50℃に調整します。


染浴
| GO | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 next>>

Designer Leathers GO

0002213.jpg 手縫い鞄のオーダーメイド工房 『Designer Leathers GO』の鞄職人GOです。 制作風景や愛猫のことなど日常感じた日々の出来事を記しています。

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link